レーシックについて

ものが何重にもぼやけて見える・・・
そんな乱視の症状は実は単純な近視よりも非常につらいですよね。

筆者自身もレーシック手術を受けるまでは乱視に悩まされていたということもあり、
あの辛さ・・・思い出されます。

まず私の場合はコンタクトレンズやメガネを調達するのが面倒でしたね。 さらに夕方になってくると、どうしても目がつかれてきて、次第に乱視がひどくなってしまう・・・

乱視矯正の度が入ったコンタクトをしていても、目が疲れるとどうしてもぼやけたりしてしまって(-_-;)

そんなストレスが溜まりに溜まり・・・
結果的にレーシックにいきついた訳です。

見出し

レーシックとひとくちに言っても色々な術式があるというのはご存じの方もいらっしゃるかと思います。

従来のレーシックは相場から考えた場合、値段が安いのがメリットです。 その他に値段は高くなるけど質の高い「ReLex(リレックス)」や「iDesignレーシック」等があります。

それぞれにメリットとデメリットがあり、どれを選ぶかというのは非常に重要な問題。

では、乱視の矯正に最適な術式はいったいどれでしょうか?
それについては残念ながらここではお答えすることができません。 その理由は「個人差」があるから。

見出し


実際にクリニックに行ってみて、どの術式が最適かを専門医に聞いてみましょう。 乱視の矯正といっても「乱視の重度」は人それぞれです。 場合によっては「ReLex(リレックス)」が良い場合もありますし、従来のレーシックの方が良いという場合もあります。

極論になってしまいますが、安全性やコストパフォーマンスから考える場合であっても、素人の私たちが考えるよりも専門家の意見を聞きながらの方が効率的。

だからこそ、まずはカウンセリングに行く!
というのが一番おすすめなのです。
クリニックにもよりますが、カウンセリングは基本的に無料でおこなっています。

私が実際に手術を受けた新宿近視クリニックでは無料でした。 この他にも比較のため、神戸神奈川アイクリニックに行きましたが、こちらもカウンセリングは無料でした。

神戸神奈川アイクリニックも清潔感があり、安心できたのですが、最終的には新宿近視クリニックを選びました。

決め手になったのはコストパフォーマンスの高さとスタッフと先生の対応の良さ。 私の場合、カウンセリングでは不安感から、それはもうマシンガンの様に質問をしてしまったのですが、それでも嫌な顔を一切せずに誠実に答えてもらえました。

その後もアフターケアなどで何度もお世話になっていますが、本当にここにして良かったと感じています。院内も清潔ですし!

最終的に私の場合は従来のレーシックの方が良いとアドバイスを頂いて、そちらを選びました。
値段も安く済んだし、良かったです(^_^)v

ちなみに、新宿近視クリニックの公式サイトはこちらから。
神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはこちらです。
(無料カウンセリングの申込みも上記から)

乱視


ちなみに、新宿近視クリニックでは乱視だからといって追加で料金をとられることはありません。
週末治療や日帰り手術も追加料金などはありません。
明朗会計なので安心して治療のことだけ考えれば大丈夫!
また、所在地は新宿のほかに大阪があります。

ちょっと遠いという場合は神戸神奈川アイクリニックをチェックしてみてください。 こちらは全国に所在しているのがメリットです。 アフターケアなどのことも考えると便利だと思います。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.