レーシックについて

ACミランに入団したサッカー日本代表 本田圭祐選手。 高いテクニックと得点力、そして強靭なフィジカルを備えたトップレベルのプレーヤーと言えるでしょう。

実は、この本田選手もレーシック手術を受けた一人。 2012年6月にレーシック手術を受けて、0.4だった視力を1.5にまで向上させました。

しかし、この件に関して何やら良くない噂もちらほら。
「本田選手がレーシック手術に失敗し不具合が発生しているらしい・・・」 「レーシック手術の失敗で難民化しているのではないか・・・」 そんな不鮮明な情報が週刊誌やネット上で飛び交っていたのです。 ここでは、その一連の騒動の真相を解明したいと思います。

騒動の発端は週刊誌…

上記のような本田選手のレーシック失敗の噂が流れ始めたのは、だいたい2013年の4月ごろ。

この騒動の発端は、ある週刊誌に掲載されていた記事でした。 2013年3月に放送されていたテレビ番組内でインタビューを受ける際の眼の様子がおかしかったこと、 2013年になってから怪我以外での欠場が多くなったこと、この原因をクラブ側が歯切れよく回答しなかったこと。

それらの要因を踏まえて、レーシック手術に失敗しているのではないか!? という憶測の記事が週刊誌に掲載されてしまったのです。

週刊誌からネットへ…

そして、週刊誌で報道された憶測がネット上に広がっていきました。 このネット上の情報を受けて、レーシックに対してネガティブなイメージを持ってしまった人もいるかと思います。

ずばり真相は…

一連の騒動、真相は「ガセネタ」でした。
週刊ダイヤモンドという雑誌(2013年10月3日【第374回】)で本田圭祐選手本人と執刀医の安田佳守臣院長(新宿近視クリニック)の対談が掲載されていました。
この対談によれば、術後1年の検診では視力は手術直後と同じ左右1.5を維持しているとのこと。
見え方に関しても何の問題も起きていないとのこと。
また、本田選手によれば術後はドライアイの症状が多少あったものの、徐々に回復しているそうです。
ちなみにレーシック手術後はドライアイになりやすい傾向が。
筆者も手術後は目薬を定期的にさしていました。
ただし、この対談で安田医師も話していますが、ほとんどの人が1年~1年半でドライアイの症状は収束するそうです。

ずばり、本田選手のレーシック手術は失敗なんかしていなかったのですね。 ファンとしてもほっと一息。

本田選手のコメント

2014年ワールドカップ出場決定後のインタビューに対して・・・

「応援してくれたファンの皆さん、あることないこと書いてくれたメディア、そしてスポンサーに感謝したい」

おそらく、この「あることないこと」というのは週刊誌やネットでのレーシック騒動に対してのことなのでは?

また、本田選手はレーシックに対して「もちろん満足している。なんの後悔もない。」とコメント。

さらに、一般の方以外にもスポーツ選手におすすめしたいとも語っています。 瞬間的にボールを捉えるスポーツ選手は、やれば絶対変わる!とも・・・

実際のところレーシックって失敗するの? -筆者なりのまとめ

上記のような憶測や噂、疑惑が飛び交うのは、レーシックに不安があるという理由が大きいのではないでしょうか?

実際にはメガネ・コンタクトなどの業界が掲示板などでネガティブな評価をしているという話も耳にしますが・・・ いずれにせよ、私たち一般人にとっては、そんな情報に振り回されずに自分にとって本当に有意義な視力矯正方法は何か!

それを自分自身でしっかりと考えることができるかどうかが重要になるのではないでしょうか。 私はレーシックを実際に受けているということもあり、圧倒的にレーシックがおすすめ!と思っているのですが、メガネやコンタクトにも良い部分はあると思っています。
それを踏まえたうえで、今回の騒動の考察をまとめてみました。

#本当にレーシック難民になってしまうのは極めて稀である!

#心配なら安さで選ぶのではなく、多少高くても最新の技術で手術を受けるべし!

#術後はドライアイになることもあるが、目薬をさせば問題なし!(ドライアイは徐々に治る)

#信頼できるクリニックを探すべし!

本田選手が手術を受けた新宿近視クリニックは術後のケアも徹底していますし、実績も豊富。 何よりも本田選手というトップアスリートも安心して手術を受けることができたという事実。
週刊誌での疑惑によって不安を煽られた人もいるかも知れませんが、真相はデマ。 蓋をあけてみれば、逆にレーシックは信用できる技術だということが分かりましたね!

対談記事全文はこちらのページを参考にしてください。
ちなみに本田選手の手術を行った新宿近視クリニックはこちら

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.