レーシックについて

レーシック治療のしくみとは

レーシック治療をご存知ですか?
最近では、身の周りで治療を経験した人も増えてきたのではないでしょうか。
レーシックと聞くと、手術したら視力が回復し、
不便な眼鏡やコンタクトレンズからはおさらば出来る魅力的な治療だと思っている人も多いかと思います。
今すぐにではなくても、いずれレーシック治療を受けてみたいという人も、治療内容を詳しく知れば今後の参考になると思います。
そこで、気になるレーシック治療のしくみについて調べてみました。

そもそもレーシックは、日本では「角膜屈折矯正手術」という名称があり、2000年に認可された比較的新しい治療方法です。
角膜屈折矯正という名のとおり、角膜の曲率を矯正して視力を回復させる手術です。

まず視力が悪くなる原因として、近視・遠視・乱視などが挙げられますが、これらの全ての原因は角膜の異常屈折によるものです。
近視は、屈折が強く、焦点が網膜の前になってしまっていることで、遠くのものがぼやけて見えます。
遠視は、焦点が網膜の後ろになっている状態で、近くのものがぼやけて見えてしまいます。
また乱視は、焦点が複数に散らばってしまっている状態で、二重に見えたり歪んで見えたりする症状が出ます。
このように角膜の屈折率が異常な状態になってしまっているために、視力の低下につながっています。
そういった原因をふまえ、角膜の曲率を正常な状態にするための治療がレーシックというわけです。

まさに「角膜屈折矯正手術」ですね。

代表的なレーシック治療方法は、角膜の表面を薄くスライスし、エキシマレーザーを照射することで角膜の曲率を整えます。
その後スライスしたもので蓋を作り、自然に吸着させます。後は時間の経過と共に強度を増していくようです。

このようなしくみで治療が行われますので、あくまでも近視や遠視、乱視による視力低下に対して効果をもたらしますが、
老眼や角膜 が薄い人、目に何らかの疾患がある人には治療することが出来ません。

しかし、手術といっても短時間で済ませることができ、
ほとんどの人が視力1.0以上に回復するといわれていますので、近年治療する人は増加傾向にあります。
普段から眼鏡やコンタクトレンズで生活している人は、裸眼で生活出来ることに憧れがある人も多いことでしょう。
そのためレーシック治療はとても魅力的な治療方法だと言えるのではないでしょうか。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.