レーシックについて

知っておきたいレーシック治療のデメリット

レーシック治療は、角膜を削ってレーザーを当て、低下した視力を上げるという画期的な治療法です。
年々増加傾向にある人気の治療法ですが、目にレーザーを当てて手術するというのはなかなか勇気が必要ですよね。
レーシック治療の知識を少しでも頭に入れて学んでおけば、
色んな見方が出来るでしょうし、知識があるのとないのでは、治療法に対する考え方も変わってくるのではないでしょうか?
レーシック治療を考えている人にとって少しでも手助けになれるよう、ちょっとした豆知識を紹介します。

最近では、レーシック治療にも色々種類があるようで、幅も広がっているみたいです。
まずは一般的なレーシックは、エキシマレーザーを角膜に照射し、屈折を矯正する方法です。
そしてイントラレーシックはイントラレースという医療機器を使い、レーザーでフラップを作成して矯正する方法、
エピレーシックはそれよりもさらに薄いフラップを作成することが出来ます。
また、オルソケラトロジーという方法は、寝ているときに特殊な高酵素の透過性ハードコンタクトレンズを装着し、角膜の形状に癖を付けるというものです。
フェイキックIOLは、角膜の内部にレンズをはめ込むという方法で、角膜の薄い人でもすることができます。
その他にも、ilasik(アイレーシック)やLASEK、角膜リングなど、
その人に最も適した方法を探すことが出来るので、諦める前に知っておくことも大切です。

そして肝心な安全性ですが、ここが一番気になる点ですよね。まだ歴史が浅いとされるレーシックなので、
長期的な安全性が確保されるかどうかというのが難しいところですが、アメリカや日本の眼科学会でも安全性が認められており、
世界的にも基準が厳しいとされる食品医薬品局も認可しているのも安心できるポイントではないでしょうか。

そして、治療するにあたって気になるのは費用です。レーシックは保険適用外で自由診療なので、病院によって違いがあります。
しかし最近ではレーシックする人も増えましたし、オーソドックスなレーシックであれば両眼で8万円からというところでしょうか。
昔に比べて手軽に治療しやすくなったのも魅力です。
また、キャンペーンや割引をしている病院も増えてきたので、そういうものを活用して値段が抑えられたらいいですね。
安すぎると不安だという人も多いでしょうが、しっかりとした病院選びがポイントになります。口コミや信頼できる医者かどうかもチェックしましょう。

しかしながら個人で入っている生命保険で適用される場合もあるようなので、一度確認することもおすすめします。
また、年間の医療費が10万円を越えれば医療費控除の対象にもなるので要チェックです。

これからレーシックをしようと考えている方はこれらのポイントをふまえて、損をしないレーシック治療受けてくださいね。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.