レーシックについて

レーシック治療はいつから行われているのか

近年メジャーな治療法となりつつある「レーシック治療」。この治療法がいつから行われているかご存知ですか?
そんなに昔からは行われていないだろうと思われがちですが、この近代的な治療法の誕生はいつだったのでしょう。

角膜を切開して屈折率を変えることにより視力を回復させる方法を初めて実施したのは1869年で、今から100年以上も昔のことです。
結構前だと思いませんか?
そして、日本で初めて角膜切開手術を行い、成功したとされたのは1939年です。
当時の手術方法は、角膜の両面に放射状に切開して屈折率を変えるというもので、RK方式と呼ばれるものでした。
しかし、術後に混濁するといった問題点もありました。
その後旧ソ連にて、その混濁を解消できるように前面のみ放射状に角膜を切開する手術が実施されました。
このように少しずつ角膜切開手術は進歩をとげていきました。

そして1975年にはアメリカのIBM社によりエキシマレーザーが開発され、屈折矯正手術に応用できるように実験が始まりました。
そして、1988年同国において初めて角膜の表面にレーザーを照射するPRK方式が実施され、当面はこの方式で手術をするのが主流となります。
その後1990年にはギリシャで角膜の表面をめくり、レーザーを照射するレーシックが開発されますが、主流になるまで少し時間がかかりました。
1995年になりようやくアメリカの食品医薬品局がエキシマレーザーの使用を認可したため、徐々にPRK方式からレーシックに移行するという流れになってきました。
レーシックは視力が回復するのにも時間があまりかからず、術後の痛みが少ないというのも利点だったのでしょう。

そして2000年1月、日本でも厚生省がレーザーの使用を認可し、その年には約2万人の人が治療を受け、
2005年には約7万人に増えるなど、治療法する人は年々増加傾向にあります。

レーシックも少しずつ進化し2001年には、より高性能のイントラレーザーの開発でコンピューターで制御されたイントラレーシックも始まりました。
イントラレーシックはより正確に角膜屈折矯正手術を行うことが出来るようです。

今やレーシックはアメリカだけでなく、アジアでも韓国や中国、台湾やシンガポールなどでも主流に行われている治療です。
日本でもここ数年、格段に治療を受ける人が増えました。
このように、レーシック治療は100年以上も開発や実験を重ねて進化してきた治療法だということが分かります。
レーシックの歴史を知ることで、治療を受ける前に参考になれば幸いです。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.