レーシックについて

レーシック治療を行う最低条件とは

最近では比較的簡単に受けれるようになったレーシック治療ですが、必ずしも誰でも治療出来るわけではないようです。
眼鏡やコンタクトレンズの生活が嫌でレーシックしたいという人は沢山いますが、すべての人が治療出来るわけではないと聞くと、
治療を受けるための最低条件を満たしているかどうかが気になりますね。
そこで、レーシック治療をするために必要な条件について調べてみました。

まず、レーシック治療とは角膜屈折矯正手術です。
角膜の表面を薄くスライスし、内部にエキシマレーザーを照射するわけですが、そのためその角膜の厚みが適しているかどうかが問われます。
基本的には近視の度合が進んでいる人ほどスライスする厚みも太くなるようですが、
充分な厚みがなければ手術は難しいということになります。
そして、強度の近視や乱視の人は治療が難しい場合もあります。

そして、年齢によっても出来ないこともあります。
18歳未満(病院によっては20歳未満)の人は、まだ視力低下の途中過程の可能性があるので出来ませんし、
ホルモンのバランスが不安定な状態の妊婦さんや授乳中の人も出来ません。
角膜の屈折率が安定していないためや、授乳の際に赤ちゃんに何らかの影響を与えるかもしれない
(まだ詳しくは解明出来ていないようです)という理由のもと、治療が難しいとされています。

つぎに目に疾患のある人、例えば白内障や緑内障にかかっている人もレーシック治療はできません。
強度のドライアイを患っている人や角膜の疾患を引き起こす恐れのある薬を服用している人も難しく、
ひどいアレルギー体質の人も治療出来ない事があるのでしっかり医師と相談しましょう。
さらには精神的に不安定な人、細かいことを気にしすぎる人も向いていませんし、
手術に使う医療機器が使えないような、極端に目が細い人や瞼の厚みが多大きい人も要相談です。

治療が出来ない条件は意外と多かもしれませんが、適しているかどうかの判断はその病院の医師に委ねられますし、
最近では適性検査を無料で行なう病院も増えています。
おおよそ、4から5人に1人が治療を受けるのが難しいようです。
しかし、病院によってはその条件が若干違ってくる場合もありますので、何軒かで適性検査を受けてみるのも良いでしょう。
そういった検査でも、病院の雰囲気や医師の雰囲気を感じることができますし、納得した後に安心して治療することが出来るでしょう。
また普通のレーシック治療が難しい場合でも、それに変わる治療がある可能性もあります。
本気でレーシックを考えたいという人は、まず信頼できる医師を見付けて納得の行くまで相談し、自分に合ったレーシック治療を見付けましょう。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.