レーシックについて

最新レーシック治療

レーシックと一言で言ってしまえば、とても簡単なのですが、その手術方法の種類が多くあります。
何が最新で何がどういったメリットがあるのか、あまり知られていないことと思います。

例えば、最新Zレーシック、イントラレーシック、カスタムレーシック、など多種多様です。
レーシックに何かをつけたら新しくなるか、のような名称がとても多いです。

レーシックは大きく分けると、3つのレーシックジャンルに分けることが可能です。
・「レーシック」:マイクロケラトームというマシンを使用した、一般的なレーシック。
・「イントラレーシック」:このマイクロケラトームの代わりに、CP制御されたFSレーザーを用いる。
・「アイレーシック」:個々の瞳の光の反射を解析し、イントラレーシックを行う技術。

この中ではアイレーシックのジャンルが、最新のレーシック技術といえます。
光の反射を解析することを、ウェーブフロント技術と言います。
これを技術に取り入れることで、見え方の細部に至るまで個々にオーダーメイド治療することが可能になったのです。
このアイレーシックというのは、近年NASAが視力回復治療で唯一認めれている治療法です。

いろいろな呼び名があって、「NASAでも認められているレーシックってどれなの?と探してもわからない人も多いと思います。
アイレーシックというのは、レーシック機器を開発しているAMO社の商標だったりします。
具体的な機械の名称は以下
ウェーブスキャン(波長解析)・イントラレースFS60(FSレーザー)・ビジックス スター S4 IR(エキシマレーザー)
この3つを使用して、はじめてアイレーシックと言います。
カタカナばかりで難しいですね。

でもレーシックは、治療といっても目に行う技術のことですから、万が一のことがあったら大変なことになります。
また目の形や見え方も人それぞれ、角膜の薄さ、ゆがみも同じです。
この人にはあっていても自分にはと行った結果、見え方が違うということもよく聞きます。
ですからレーシックを行う前には自分で調べて、担当医の話を理解し要望がしっかりあうようにする必要があります。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.