レーシックについて

視力矯正とは

一般的に視力矯正というものは、近視、遠視、乱視などの視力や見え方を改善するために行う方法です。
眼鏡やコンタクトレンズといった、視力調整器具を用いても視力回復は難しいです。
そういった調整器具を使用しなくても、視力が正常範囲に戻るために視力矯正を行います。

例えば、視力回復トレーニング、オルソケラトロジー、レーシック等があります。
さまざまな視力矯正方法がありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
これらを少し比較してみましょう。

○視力回復トレーニング
視力回復トレーニングは自宅でもできますし、サロンなどに通って指導してもらいながらする方法と様々です。
最近では、ゲームでもトレーニングできると言われていますね。

それぞれの理論に基づき、行い方は変わってきます。
そのため個人差もありますが、根気よく続けなければ効果が出にくい場合があります。
軽度の近視だと回復も早いといわれていますが、重い近視の場合は数年かかるとも言われています。
ただ、行うことで目の病気や怪我のリスクはないので、安全性は高いとされています。

○オルソケラトロジー
オルソケラトロジーとは、視力矯正専用のコンタクトレンズを夜中装着して寝るというものです。
正常な形に角膜を矯正し、朝起きたときから一定の時間は裸眼でも1.0くらいの視力に戻ります。

デメリットとしては、ハードコンタクトが合わない人は難しいといわれています。
装着の感覚は、ハードコンタクトと似ています。
そういった意味でもコンタクトレンズを使用する際に、でてくる目の病気には気をつける必要があります。
コンタクトを使用する期間は個人差はありますが、早い方で1週間ほどで裸眼生活ができるといわれています。

○レーシック
レーシックは眼科やクリニックでレーザーを使用し、角膜に照射し光の屈折を矯正させて視力を回復させる技術です。
最近は技術も進化し、以前とくらべて費用もだいぶ下がり受けやすくなってきました。
ただし、角膜の厚さや視力の度合いによって、なかには希望しても受けられない方もいます。

視力は個人差はありますが、軽度の近視の方なら9割以上の確立で1.0まで回復すると言われています。
技術方法にもよりますが、他の矯正方法と比べると合併症がでやすいです。
ときおりまぶしくみえたりするハロやグレアといった、症状がでてしまう場合もあります。
しかし、視力矯正方法では確実性が高いため、若い人を中心に人気のある技術です。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.