レーシックについて

視力とレーシック治療の関係

視力回復するために、レーシックを希望される人は年々増えていっています。
レーシックというのは角膜屈折矯正手術のことで、英語ではLASIKです。
正式名称は「Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis」でその英語を略した言葉でレーシックといいます。

Lはレーザーです。
その名のとおり、レーザーを用いて角膜を手術することで視力を矯正させていきます。
なぜ、レーザーを使ったレーシックで視力が回復できるのでしょうか。
その関係を少し説明してみましょう。

レーシック技術は、角膜の屈折異常の状態を正常に回復できる技術です。
屈折以上の状態をさすのが、近視・遠視・乱視です。
この3つの視力異常のことをいいます。
ちなみに老眼はちょっと仕組みがことなり、角膜の調節異常といった状態になります。

目は角膜と水晶体に光が通って、網膜に当たることでものを見ることができます。
角膜異常が起こっていると、網膜に光がうまく集まらないため見え方に異常がおこるのです。
眼鏡やコンタクトレンズは、この屈折異常を調節する器具になります。
レーシックはその原因となっている、角膜を直接レーザーを照射して屈折力を変えて視力をなおす効果があります。

レーシックの施術をする前には、綿密なカウンセリングを行います。
本人の希望もありますが、目や角膜に異常がないかどうか判断されます。
またレーシックを受けられる状態であるか、しっかりチェックしていきます。
これを適応検査といいます。

レーザーはエキシマレーザーといった、レーシック専用のレーザーを用います。
レーザーは、ものを燃やすというイメージが強いのですが
高性能の医療用レーザーになりますので、10000分の1mm単位で対応できます。
少しづつ角膜の形を変えて、光が網膜に集まりやすい状態にし、視力を改善させていくのです。

ちなみにレーシックでは近視はもちろん、乱視の矯正も行うことができます。
最近では、近視と乱視を同時に矯正することも可能になってきています。
これによりレーシックのニーズは、さらに拡大されてきています。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.