レーシックについて

遠視にはレーシック治療がオススメ

遠くがぼやけて見えにくいという人を一般的には、近視と言います。
その逆で近くが見えにくいという人を、遠視と言います。
これらは角膜異常で起こっている現象です。
角膜の形をレーザーで変えて見え方を矯正するレーシックで視力の回復が可能です。

え?レーシックって近視の人だけが受けられる技術じゃなかったの?と思っている方が大半ではないでしょうか。
いえ、そうではないのです。
レーシックは角膜の異常を正常に戻すための技術ですから、角膜の異常で起こっている遠視や乱視も矯正可能なのです。
しかし、レーシックを受けると近くが見えにくくなる、レーシックを受けると老眼が進むからやめたほうがいいといいますよね?
それは間違った知識です。

そもそも遠視と老眼は同じ症状でも全く原因が違います。
老眼は目の老化現象で、ピントの調整力が衰えて起こるものです。
遠視は、角膜からくる異常です。

レーシックは40代、50代の方にも増えてきている技術です。
自分は遠視なのか、老眼なのかそういった見極めもレーシック前の適応検査で判断できます。
老眼だと思っていたら遠視だった、そんな方なら遠視レーシックを受けることで、遠くのものは今まで同様に見えます。
さらに近くのものも、裸眼で見えるようになることもできるのです。

実は遠視は、子どもの発症率の方が多いのです。
しかし成長していくにつれて子どもの遠視はだんだん改善していくことが多いです。
まれに大人になっても、遠視が残ってしまうかたがいます。
そういった方に、遠視レーシックはとてもオススメなんですね。
ただし子どもは受けられないため、それまでは眼鏡などの矯正器具で過ごすことになります。

遠視の場合は先も述べたように老眼と区別が非常につきにくく、個人で判断することは難しいのです。
遠視は近くのものだけでなく、遠くのものも見えづらくなる人が多いのです。
そのため目にとても負担がかかり、いつも目が重く疲れている症状があったりします。
目が疲れて頭痛、肩こりがひどいと言う場合は、もしかしたら遠視症状があるのかもしれません。
一度眼科に相談してみたほうがいいでしょう。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.