レーシックについて

老眼にはレーシック治療

近年視力に問題を抱えている方で、レーシック治療を受けている人は年々増えてきています。
レーシックという言葉は広く浸透、普及されてきています。
「レーシックを受けると老眼になるのでは?」と危惧される人も多くいます。
しかしその考えは、大きな間違いです。

レーシックと老眼は、全く別のものです。
レーシックは「角膜の異常を治療するもの」ですから、近視、遠視、乱視を改善します。
遠視と老眼は同じように思われがちなのですが、見え方はおなじように「近くが見えづらい」という症状です。
その原因たるところは、全くことなる症状なのです。

老眼は、目の老化によるピント調節機能の衰え(水晶体の機能低下)によることでなる症状です。
ですから誰でも遅かれ早かれ老眼になるものであって、それがレーシックによる原因ではないのです。
ですから、年配の方もレーシックの需要はあるのです。

しかし、先も述べたとおりレーシックは角膜異常の治療です。
ピント調節の治療ではないため、レーシックで老眼の改善は今現在のところはできません。
しかし近視の人が老眼になることで、遠近両用眼鏡またはコンタクト+老眼鏡この組み合わせをせざるを得なくなります。
遠近両用眼鏡はとても目に負担がかかるものですし、コンタクトと老眼鏡もコストもかかるし手間もかかります。

そういったことを不都合と感じる方には、レーシックはとてもオススメなのです。
ただ老眼を少しでも改善したいという方には、モノビジョンレーシックやアキュフォーカスといった治療を老眼に施すことは可能です。
どういった技術なのかといいますと、片目は遠くが見えるように、片目は近くが見えるように、両目の視力をあえて異なるようにしていく技術です。
ただし目には視力が異なることで負担がでてきますが、数週間で慣れるそうです。
まだ施術数が少ないため、一概にはいいのかそれともやはり不都合なものなのかは未知なところではあります。
今後は、老眼でお悩みの方の希望の星になるとよいですね。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.