レーシックについて

子供の頃からできる視力低下予防

現代の私たちの生活は、眼に負担のかかるものに多くかこまれて暮らしています。
テレビ、ゲーム、パソコン、携帯電話など長時間にわたって近くにあるものや、
モニターの画面を見続けることは大きな目の負担となります。

特に子供は視力低下のスピードが大人より速いといわれています。
近年、小学生のうちで近視になる人数は増加しています。
携帯電話を小さいうちから買い与えたり携帯用のゲーム機の登場などは、
近くを見続ける機会が増える原因となっています。
視力が低下してしまいますと、それを回復させるのは容易ではありません。
なので、真性近視の一歩手前である「偽近視」のうちに適切な処置を行うことが、
重要になってきます。

偽近視とはどういうものかというと長時間近くのものを見続けることで眼の筋肉が緊張し、
遠くのものがぼんやり見えることです。
しかし、あくまで一時的な症状ですので早めのうちにこの緊張を取り除いてしまえば、
視力低下は避けられます。

では子供の頃からできる予防には何があるでしょうか。
以下に記してみましょう。
○正しい姿勢
勉強や読書をするときは、最低30cm以上ははなして行いましょう。
背筋をピンと伸ばし、正しい姿勢でいることが重要です。
また、適切な明るさのなかで行いましょう。
テレビを見るときも寝転がったりして見ないことも視力低下予防につながります。

○長時間近くを見ない
長時間同じ作業をするときは時間を決めて休憩をはさみましょう。
遠くを見たり眼をほぐしたりして眼を休ませましょう。

○規則正しい生活
早寝早起きをして三食しっかりとることも視力低下を防ぐのに重要です。
睡眠時間を十分にとり朝食もきちんと食べて栄養バランスやホルモンバランスをととのえるのは大事です。

また、お子さんがよく眼を細めていたり集中力がない様子が見られたら、
早めに眼科へ連れて行く必要があります。
お子さんと常日頃から触れ合うようにしてできるだけ早期発見することも大事です。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.