レーシックについて

視力回復のツボ

視力回復のツボは頭部に多く集中しています。
長い間眼を酷使したあとはひと息ついてツボをおしてみましょう。
疲れがたまっているほど痛みを感じますが、
ツボを刺激することによって血のめぐりがよくなり、
筋肉もほぐれますので視界や頭がすっきりすると思います。

ですが、長時間押しつづけていたりあまり強い力で押したりすると、
後からその箇所が痛くなることがありますのでやりすぎには注意しましょう。
ツボを押すときのコツは軽い痛みを感じる程度で気持ち良く感じるように押しましょう。

視力回復のツボは目の周囲以外にも額や頭部、後頭部、耳の後ろにもあります。
また、意外だと思われるでしょうが手の甲にもあるのです。
では、いくつか紹介してみましょう。
◆眉毛のツボ
・攅竹(さんちく)…眉毛の鼻側の端
・魚腰(ぎょよう)…眉毛のまん中
・糸竹空(しちくくう)…眉尻のくぼみ
・晴明(せいめい)…目頭よりやや上
◆顔のツボ
・承泣(しょうきゅう)…目の下
・太陽(たいよう)…こめかみ
・陽白…(ようはく)魚腰のツボの上
◆頭のツボ
・風池(ふうち)…後頭部の髪の生え際
※高血圧の人は、無理に強く押さないようにしましょう。
◆手のツボ
・合谷(ごうこく)…人差し指と親指の間のくぼみ

おどろくことにこれらのツボは近視の回復だけでなく、
乱視・遠視の軽減、老眼の予防・改善、眼病予防(白内障・緑内障・黄斑変性症など)
眼精疲労の予防など大変幅広い症状の予防・改善ができるのです。
ちなみに合谷は、頭部の疾患、便秘、痛み止めに効果があります。
さらに脳に刺激を与えますので認知症の予防の予防にもなります。
万能ツボと呼ばれる由縁です。
覚えておいて損はないでしょう。

一つのツボだけでなく先ほど述べたツボをまんべんなく押せば、
相乗効果で症状はさらによくなることでしょう。
こうしたツボを覚えておいて日々の生活に取り入れていくことで、
眼だけでなく身体全体の健康を目指しましょう。
ぜひ、多くの人にやってもらいたいものです。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.