レーシックについて

視力回復と生活習慣

視力は、日頃の生活習慣を変えることによって、
いつの間にか回復していたということが意外と多いようです。
では、どういった生活を送れば視力回復が見こめるでしょうか。
いくつか紹介してみます。

○食事
眼にいいといわれる食品の栄養素にはアントシアニンやビタミンA、βカロチン、EPA、DHAなどがあります。
ブルーベリー、カシス、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、青魚などに、
こうした栄養素が多く含まれています。
どれか一つをずっと食べ続けるのではなく、
野菜や肉、魚をまんべんなく食べることが眼にとって非常にいいです。
○睡眠
その日にたまった眼の疲れを回復させるのには十分な睡眠をとることが大切です。
寝るときは部屋を暗くして寝る前には携帯、パソコン、テレビなど、
脳を覚醒させる機器を使うのはやめましょう。
○運動
長時間近くを見たあとは運動や散歩をして眼の筋肉をやわらげましょう。
気持ちもリフレッシュしてストレス解消になります。
○正しい姿勢
姿勢は視力と深い関係があります。
読書や勉強をするときは背筋をピンと伸ばして、
対象から眼を30cmははなしましょう。
○テレビを見るときは2.5m以上離れて見ましょう。
画面を長時間近くで見ていると眼は疲れやすくなり視力も低下しやすくなります。

○携帯電話やゲーム、パソコンを使用するときは適度に休憩をはさみ、
遠くを見るようにしましょう。

○ストレスをためない事が大事。
「見る」という行為は眼と脳で行っています。
ストレスがあると自律神経のバランスを悪くします。
そうなると視力が低下するといわれています。
適度にストレスを解消しましょう。

また他にも、悩みや不安などが視力に大きく影響するといわれています。
現代を生きる我々にとってこれを完全に取り除くのは難しいですが、
正しい生活習慣を送ることによってこうした悩みや不安は軽減されます。
ストレスは出来るだけためこまずに健全な毎日を過ごし、
眼に優しい生活を送りましょう。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.