レーシックについて

視力はなぜ落ちる?

私達は寝ている時間以外、休むことなく目を酷使しています。
体の中で目というものの働きは、かなり必要と言えるでしょう。
ですが、その必要な目に問題を抱えている人はかなり多いと言えます。
しかも他の国に比べて日本人は、目が悪い人が多いと言われているんです。

ではなぜ視力は低下してしまうのでしょうか?
視力の低下と言うより、生まれつき何らかの問題があり視力が悪い人や目のカーブに問題がある場合もあります。
しかし元々は視力が良かったのに、悪くなったという場合も沢山あると思います。

その原因は、目の筋肉の緊張が大きく関係しているんです。
つまり、目を酷使している事が視力低下の一つの原因です。
よく「テレビゲームを長時間すると目が悪くなる!」や「暗い所で本をよむな」と言われますよね?
これは実際テレビゲームや、部屋の明るさが直接的に目に関係しているわけではなく、目が疲れてしまうということが原因なんです。

また一番視力が変わる時期は0歳~20歳の間が多いとされているんです。
これは体と共に目の大きさが変わり、カーブが変化し焦点が合わなくなるからなのです。
その他にもゲームやパソコン、読書をする回数が極端に増える時期だからとも言えます。

またもう一つの理由として挙げられるのは、親からの遺伝的なものが関係しているとも言われているんです。
そう言われてみると、両親が目が悪い家庭では、目が悪い子供が多いような気がします。
逆に両親が目が良くて子供だけが目が悪いというパターンは、先のパターンに比べて少ないように思います。

ですので視力低下の原因は、目に疲れを及ぼす環境と遺伝が原因だと言えます。
勿論老眼などは、老化現象の一つとも言えるでしょう。
もしも目が疲れているなと感じた場合は、目を休ませてあげることが一番大切なのです。
他にも目に良いとされているブルーベリーなどを多く摂り、栄養をおくる方法もあります。

それでも一度落ちた視力を、自然に取り戻すのは至難の技です。
万が一低下したなと感じたら、すぐ眼科で検査を受け正しい処置をとるようにしましょう。
メガネやコンタクトも自分の目に合ったものを使用しないと、余計に症状を悪化させてしまうこともあります。
最悪、コンタクトでは失明してしまった例も実際にあります。
なので独断ではなく必ず、眼科で正しい判断をしてもらうように注意してください。
また近年では視力回復をはかるレーシック手術も普及してきましたので、気になる方は一度調べてみると良いですよ。

Copyright© 2010 Lasik & ReLex All Rights Reserved.